YouTuberのひろみさんによる振り返りの動画です。前回は幼稚園の頃のお話しでしたが、こちらでは小学校時代のお話しを聞かせて頂けます。

幼少期の頃は大人しく素直で育てやすい子のようでしたが、小学生になり一気に?障害の特性が出てきたお話しです。

年齢が上がり特性が出てきたのか、環境の変化(小学校)がキッカケで特性が出たのか分かりませんが、色々な「障害あるある」みたいなことが出てきたようです。

本人曰く、小学校からが転落人生だったと。

小学校からは「自己管理」をしないといけなく、そこで躓きがあったようです。(幼稚園の頃は親が身の回りのことをやってくれてたからですね。)

とにかく忘れ物が多くなった。(給食のかっぽう着、体操着、書道の道具などの)

学校の机の中がぐちゃぐちゃ。自分の部屋もぐちゃぐちゃ。(全てを床に置き)

ただ、8歳前後の時に、片付けを意識して棚にしまったりして今に至ると。

計算ドリル、漢字ドリルなどの勉強(同じ作業の繰り返し)が苦痛でたまらなかったと。

計算や感じが苦手というわけじゃなく、単調な作業が苦手。

買い物にいけば財布を良く落とす。

友達についてはその時期ごとに、だいたい一人の子と遊んでた。(大勢とは遊ばない。)

部活(バスケ部)は真面目にやったので、他の子よりシュート率も高く、足も速い。

でも、試合はだめ。どこに動けば良いのか、他の選手とどうコミュニケーションを取れば良いのか分からない。

結果、先輩や同級生からいじめの対象に。(一年で辞める)

その後は一人で家で遊ぶように。編み物したり、勉強が好きになり勉強したり。(一人で取り組み上達するようなものが得意。作文や絵を描くとかも)

小学校の途中から場面緘黙の症状が。(たくさんの人が自分に注目するような場面が苦手。)

それ以降、人前でしゃべるのが苦手になったようです。

私も息子も片付けが苦手。苦笑→ADHDの特性出まくり

繰り返し・・・という作業も似たような思いがあったかもしれないなぁ。

文字だけじゃイマイチピンとこない症例?も、動画で見ると「私も!」って感じることもあると思います。

是非とも皆さまも参考にして下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 【動画で見る】発達障害児への支援を考える。モンテッソーリ教育の原点 太田ステージとは

    株式会社ソワサポート代表の浅原奈緒子さんによるモンテッソーリ教育や太田ステージを基本とした療育につい…

ピックアップ記事

  1. 平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…
  2. こちらの動画は大阪の精神科医である渥美正彦先生による知的障害についての講演です。 …
  3. こちらでは名古屋市が取り組んでいる早期子ども発達支援事業の中の地域療育センターの取り組みを動画で紹介…
ページ上部へ戻る