【動画で紹介・児童発達支援・放課後等デイサービス】東京都杉並区のダウン症のある子たちのためのバンブーワァオ

ダウン症のある子たちのための児童発達支援・放課後等デイサービスのバンブーワァオ阿佐ヶ谷校の動画となります。

こちらは東京都杉並区の阿佐ヶ谷にあるダウン症のある子たちのための児童発達支援・放課後等デイサービスを行っている事業所です。

私の運営している別サイトで、東京都内の児童発達支援や放課後等デイサービスの事業所を紹介しているのですが、その関係でこの動画を見る以前から、私は知っておりまして、事業所のサイトも結構読ませて頂いておりました。

こちらの事業所はサイト上の説明を引用しますと・・・

・0読み書きの学習を核として、身体能力の向上を目指し、社会生活の充実を目指します。
・0歳から18歳までが対象です。
・ご家庭と連携してお子さまの発達を支援していきます。

と、なっておりますが、何よりもこちらは

『保護者が我が子と仲間の為に作りました』

と、書いてあるように、とにかく素晴らしい。

また、

とにかく我が子にハッピーになってもらいたい、元気で笑顔でいつもハッピーでいてもらいたい、そのために何ができるか考えました。

私たちは毎日がんばって子育てをしています。

でも、ひとりではいろんなことはできないから、仲間があつまってそれぞれの得意を持ち寄ろうと始めました。

と。

これって凄いシンプルですが、ほんとそのまんま。私だってそう。

うちの息子はダウン症ではないけど、色んな思いをしてきました。同級生や下級生にバカにされて悔しくて家で泣いたこともありましたし、野球部に入り夜も一人で公園で素振りをして凄く頑張っても試合に出れなかったり。

ほんとなら、一緒になって泣きたいくらいなことって数えきれない。

だからこそ、とにかくハッピーになってもらいたい。それだけなんですよね。

上手く出来た話しを聞けたら、本人以上に凄く嬉しいしね。

そんな思いを私も同じような境遇の人たちに味わって欲しくて、いくつかのサイトを運営しています。

普段、頑張り過ぎちゃってるお父さんやお母さんが、ちょっと楽になる。

そんな情報をお伝え出来たらなって思いで、個人でコソコソとサイトを運営しています。

 

ちょっと、また話しがそれてしまいましたが、こちらの事業所さんの素敵なところは、「あー、私は東京から離れたとこに住んでるから利用できないわ・・・」って人のためにも、WEBでの講座も開設し、ノウハウを提供してくれてること。

私はネットを通じて全国の人たち(ちょっとオーバーか。笑)と、これまでもやり取りをしてきてますが、「地域差」って残念ながらあります。

例えばこれをご覧の遠方の方で、あまりダウン症のお子さんに対しての療育の情報が無いという方は、是非とも連絡をしてWEB講座を受講するって流れも良いかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 緑川いちか先生 特別支援学校におけるABAの実践

    ABAスクールTogetherが公開している動画です。 支援学校の高等部の先生である緑川いちか…

ピックアップ記事

  1. kids21子育て研究所所長で川崎医科大学名誉教授の片岡直樹先生の動画となります。 テレビを消した…
  2. こちらの動画は新宿オーピー廣瀬クリニックの廣瀬先生によるDr.講話となります。 前半部分はチッ…
  3. Jamahl CrossさんによるADHDの子対する接し方についての動画です。 ADHDの子は…
ページ上部へ戻る