ADHDは三年発達が遅れているから叱るな!比べるな!二次障害になるぞ!

Jamahl CrossさんによるADHDの子対する接し方についての動画です。

ADHDの子は脳の発達が三年遅れてるだけだから叱るなというお話しです。

なるほど!って思うことが多いです。
健常者とADHDの子どもの前頭前野の成長曲線のグラフを用いての説明は非常に分かりやすいですね。

努力を誉めることが必要と言うのが良く分かる解説です。

動画の中での説明にもありましたが、努力やプロセスを褒められ続けた200人の子供たちと、結果だけを褒められ続けた200人のその後。

結果だけを褒められ続けたきた子供たちの成績は30%落ち、逆に努力やプロセスを褒められ続けた子供たちの成績は20%アップしたと。

その差、50%!!

20年前にこの動画を見たかった!!苦笑

ADHDの診断がでたお子さんのお父さんやお母さんにとっては非常に参考になると思います。

「いやいや、どこのだれだか分からない人の話しなんか・・・」とか思わない方がいいよね。

だって、やることは叱らないを意識すること。叱ってばかりいると、子どもの自己肯定感は下がってしまい、自信のない子に育ってしまう可能性もありますから。

今、9歳だったら、9歳の子が出来て当たり前のことに目を向けるのではなく、3歳引いて、「今は6歳と同じくらいだから、まだ仕方ないかぁ」って思う。

この方法、親のストレスも軽減できると思うなぁ。

うちの息子も小学校入学時(7歳)には自分の名前も書けなかった。

でも、今回のお話しを聞くと、「3歳引くと、4歳かぁ。じゃあ、まだ書けなくてもいいか」って思える。笑

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 発達障害の神経心理学的な捉え方②

    こちらは前回の続きの動画になります。(①を見てない方は、まずは①をご覧ください。) 発達障害…

ピックアップ記事

  1. こちらの動画は大阪の精神科医である渥美正彦先生による知的障害についての講演です。 …
  2. こちらの動画は新宿オーピー廣瀬クリニックの廣瀬先生によるDr.講話となります。 前半部分はチッ…
  3. トータスキッズ作成による動画です。 キッカケはご自分のお子さんに障害があり、知人から教…
ページ上部へ戻る