YouTuberのtom channel発達障害グレーゾーンさんによるタイムマネジメント法についての動画となります。

集中しやすい環境作り、タイムマネジメントで良い方向にというお話しです。

とむさんは大学生の頃、計画的に課題を行うことが苦手だったようです。

当時は分からなかったようですが、発達障害のことを知ることによって、時間管理が苦手というのは障害特性じゃないかと。

計画を時間軸に沿って行うのが苦手だったようです。

物事を行っていても注意力散漫になり、次の事に切り替えるのも苦手。

一つ一つ計画したことができず、予定したことを先延ばしして結局諦めてしまったこともあったようです。

一人だけのスケジュールなら良いですが、同級生など相手がいる予定などの場合、相手に不誠実な印象を与える結果にも。

そんなとむさんが「どうすれば良いか」と試行錯誤した答えを動画で教えてくれています。

終わりを決めること、環境調整、予定の再構築。

私自身も医者の正式診断は出ていませんが、間違いなくADHDだと思うので、とむさんの学生の頃の悩みは「あー、分かる!分かるわー!」って感じで見させて頂きました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 精神科医の廣瀬久益先生が考える「不登校」3つの必要な対策について

    平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…

ピックアップ記事

  1. こちらでは名古屋市が取り組んでいる早期子ども発達支援事業の中の地域療育センターの取り組みを動画で紹介…
  2. こちらは前回の続きの動画になります。(①を見てない方は、まずは①をご覧ください。) 発達障害…
  3. こちらの動画は大阪の精神科医である渥美正彦先生による知的障害についての講演です。 …
ページ上部へ戻る