緑川いちか先生 特別支援学校におけるABAの実践

ABAスクールTogetherが公開している動画です。

支援学校の高等部の先生である緑川いちか先生による学校内にて行ってるABAについての講演です。

動画の説明には次のように書かれています。

ABAを学んだら、いつも働きかけは「わざと」。生徒にも、同僚にも、ABAは有効です。いつもポジティブな注目を与えることにより、「いい子にしてないと先生は僕のこと見てくれない」ではなく「先生が見てくれているから今日も頑張れる」に気持ちが変わっていきます。学校を子供達にとって大好きな場所にするためのヒントお教えします。

テンポよくお話しをしてくれる先生なので、どんどん聞き入ってしまい、10分ちょっとの動画(動画というより録音されたものか)ですが、あっという間に終わってしまった感じで、「もう少し聞きたい!」と思ってしまいました。

こちらの先生は生徒にだけではなく同僚の先生に対してもABA的な思考で接しているようで、結果的に全体が底上げされる感じなのかな。

難しい専門用語を使うことなく、分かりやすくていいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 精神科医の廣瀬久益先生が考える「不登校」3つの必要な対策について

    平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…

ピックアップ記事

  1. Jamahl CrossさんによるADHDの子対する接し方についての動画です。 ADHDの子は…
  2. こちらでは名古屋市が取り組んでいる早期子ども発達支援事業の中の地域療育センターの取り組みを動画で紹介…
  3. こちらは公益社団法人の発達協会作成の動画となります。こちらの協会が公開している動画はどれも非常に…
ページ上部へ戻る