軽度知的障害向け 動画で紹介、岐阜県立西濃高等特別支援学校

こちらの動画はぎふチャン公式チャンネルで紹介された2018年4月に開校した、軽度の知的障害の生徒向けの支援学校の岐阜県立西濃高等特別支援学校の紹介動画となります。

近年、軽度の知的障害の生徒のための特別支援学校が開校されてきています。
(東京都でみますと、永福学園志村学園水元小合学園などいくつかあります。)
西濃高等特別支援学校は高等部単独の支援学校で、職業教育に重点をおいた教育を行っています。選択専門コースとして、工業コース、食品コース、福祉コース、環境コース(ビルクリーニング、衣類クリーニング)があり、それとは別に必須専門として、喫茶サービス、ビジネス・情報、ロジスティックスが設定されています。
スクールバスなどはなく、公共交通機関等を使って一人で自力通学をします。これは企業就労を目指す社会自立の訓練も兼ねてたりするんですよね。
私の息子も都内でこちらの学校と似たような学校に通っていましたので、当時を思い出しながら見させて頂きました。
当時の息子の学校もかなり厳しかったですね。
作業を行っている途中で先生からの話しがある時の、生徒たちの話しを聞く姿勢(手の位置はどこにおくかなど)、メモを取るタイミングも厳しく指導されました。
動画の生徒たちの頑張りを見ると、やはり頑張って乗り越えてもらいたい思いが強くなります。
ちょっと可哀想なのは、まだ出来て間もないため、現在の二年生には先輩がいません。また、今年入学の一年生は一学年上にしか先輩がいません。
ご存知のように先輩からのプラスの影響って結構大きいんですよね。
「自分もこのように先輩にアドバイスをもらった」などの経験は、次に引き継がれていきますからね。
ま、でも、だからこそ、「自分たちが作り上げて後輩にアドバイスする!」ってことを経験できるのもプラスだと思いますので、問題ないと思いますがね。(^^)
頑張って下さい!!
岐阜県立西濃高等特別支援学校

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 精神科医の廣瀬久益先生が考える「不登校」3つの必要な対策について

    平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…

ピックアップ記事

  1. 平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…
  2. こちらの動画は2015年当時、早稲田大学教育・総合科学学術院の坂爪先生による解説です。 …
  3. こちらでは名古屋市が取り組んでいる早期子ども発達支援事業の中の地域療育センターの取り組みを動画で紹介…
ページ上部へ戻る