【知的障害者】2018年 フットベースボール大会

NHKYNEWSさま作成のニュース動画です。

知的障害がある人たちの社会参加や、スポ−ツを通じた交流を目的に全国から7チーム、およそ100人の選手が参加して行われたようです。

フットベースボールはサッカーボールを使ってピッチャーが転がし、バッターが蹴り、得点を競うもの。野球をイメージして頂ければと。

野球ボールがサッカーボールになり、バットの代わりに脚で蹴る!って感じ。

動画の中の選手たちの生き生きとしたプレー。自信に満ちた姿。やっぱいいですね!

出場チームがもっと多ければ、更に盛り上がりそうですよね!

身体を動かすこと。チームでのプレイは、間違いなく将来の就労の際に役に立つと思います。

引き続き選手の皆さまには頑張ってもらいたいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

療育に関する記事

  1. 精神科医の廣瀬久益先生が考える「不登校」3つの必要な対策について

    平成30年2月に文部科学省が発表した平成28年度の小中学校の不登校児童生徒数は全国で14万人を超えて…

ピックアップ記事

  1. こちらの動画は新宿オーピー廣瀬クリニックの廣瀬先生によるDr.講話となります。 前半部分はチッ…
  2. kids21子育て研究所所長で川崎医科大学名誉教授の片岡直樹先生の動画となります。 テレビを消した…
  3. Jamahl Crossさんの動画です。 今回はADHDが二次障害になる二つのルートについて予…
ページ上部へ戻る